CS3の機能と対応について

CS3について、販売店を通じてメルクリン社に問い合わせた結果、いくつかの回答をもらいました。

★【2017年2月5日】センサートリガーも正常に作動しないことを、記事の末尾に追加しました。

★【2017年3月19日】現在、センサートリガーは正常に動作するようです(動作しないのは私の個体の問題らしく修理中です)

 

1.シャトルトレイン機能

CS3にはシャトルトレイン機能はありません。
現状ではイベント(メモリー)機能で、(メルクリン社曰く簡単に)機関車の動きを設定できるため、イベント機能をご利用ください。
将来的には、従来のシャトルトレインと同等の画面の実装を検討する可能性はありますが、現時点では実装予定はありません。

 

2.旧製品のS88(型番60880)をそのままで、コントローラーだけをCS3に置き換えることは出来ません。

ノーマルのCS3を購入したとしても、CS3Plusを購入したとしても、旧製品S88(型番60880)をCS3に接続して使用するには、下記のいずれかの方法を採るしかありません。

(1)L88を新規に1個購入して、CS3にL88を接続してから、L88のBus3に旧製品S88(型番60880)を接続する。

(2)新製品のS88(型番60881)を、現在使っている旧製品S88(型番60880)の台数分購入し、さらにCS3の背面コネクターと新製品S88(型番60881)を直接接続する専用ケーブルを1本購入して、CS3と新製品S88(型番60881)を接続する。

(1)の方法では、CS2のメモリー設定はそのまま使用できません。接続Busが変わるため、メモリーに登録してある「ポート番号」はすべて書き換えが必要になります。
(2)の方法では、CS2のメモリー設定はそのまま使用できますが、機器を全て買い換える必要があるため、リプレースのためのコストがかかることになります。
また、次の3.で記載する問題もあるため、(2)の方法はあまりオススメできません。

 

3.CS2でのメモリーの自動実行セット切り替え機能(A、B、C・・・という横一列ごとに自動実行するルートをオン・オフできる機能)は、CS3ではありません。

CS2でメモリーでの自動運転パターンを複数登録していて、自動実行のオン・オフで切り替えているという人は、CS3では自動実行を選択して切り替える機能がありませんので、そのままでは移行できません。
もしそのままのメモリーで移行してしまうと、排他的な動作を登録しているルートが、同時に実行されてしまうため事故が発生する可能性があります。
CS3では、排他的なイベントを登録しないように、ユーザーが注意して設定する必要があります。

 

※センサートリガーが機能しない問題については、メルクリン社からは『正常に機能するはずで、私のCS3個体個別の問題ではないか?』と回答されています。
このため、現在問題の切り分け作業を行っていますので、解決までにしばらく時間がかかります。
→2017年2月5日:センサートリガーは正常には動かないことが確認されました。詳細は、この記事の末尾に記載しました。

→2017年3月19日:さらに問い合わせ内容が正しく認識されていないことが発覚しました。少なくとも現在の最新版ではセンサートリガーは動作するようです。私の個体では動作しませんので修正対応をしています。

【センサートリガーに対する詳細】

2017年2月の時点で、販売店(がりとんさん)を通じてメルクリン社に確認をお願いしていましたが、国が違うこともあってか、こらちの意図した質問内容が正確には伝わっていなかったようです。

現時点では、センサートリガーは正常に動作するようになっています。

もともとセンサートリガーは最初のバージョンでは動作していました。
その後のバージョンアップで出来なくなりましたが、正常な個体では全てのバージョンで動作するものなのか、それとも、エンバグしていたものがどこかのバージョンアップで修正されたのかが、私では判断できないため『最新バージョンでは出来る状態が正しいらしい』としか書けません。

メモリーの設定等については、最初の記事の内容を参照してください。
こらちです。
私のCS3は修正対応のため、手元では動作確認や画面キャプチャーが出来ないので。